前へ
次へ

法律を勉強することにより色々な知識が身に付く

私は法律の勉強をするのが大好きだったのですが、何か目標を立てた方が良いと考えて法律関係の資格を取得することを思い付き司法書士試験に目を付けてテキストを購入して一所懸命勉強することにしました。
ただ司法書士試験は民法や会社法、不動産登記法や商業登記法など科目が沢山あり過ぎて流石に勉強するのは難しいと考えて行政書士に切り替えたのですが、過去問を解いて見てもそれほど難しく感じませんでした。
そのため行政書士試験の勉強が私にとっては合っていると思い本屋さんでテキストを購入して勉強したのですが、予想以上に多くのことを知ることが出来たので本当に良かったです。
特に民法は六法全書を購入して本格的に勉強したのですが、そのおかげで権利関係の問題はもちろんのこと相続に関することについても色々と知ることができました。
最終的に行政書士試験に合格することも出来たので満足しているのですが、これで終わりにするのは勿体無いと感じているのでもう一度司法書士試験の勉強を始めて見たいと思っています。

Page Top