前へ
次へ

出身大学を偽って履歴書を提出したとき

履歴書を書くときは、自分の学歴や職歴を書きます。
それぞれの会社によって異なりますが、学歴をしっかり見て判断するところもあれば、学歴よりも人物重視をするところもあります。
会社によっては学歴による区別を一切しないと公言をして応募者を募るところもあります。
無名大学出身者としては助かるかもしれません。
ただどうしても有名大学や優秀な大学を出ている人のイメージは良くなります。
過去のこととは言え入学する努力が必要だったでしょうし、卒業するにもそれなりの学力がいります。
その大学を卒業しているならと面接担当者がその人を推すこともあるでしょう。
もしこの学歴情報に嘘があったらどうなるかです。
法律上の問題としては、特に何かの違反になるなどはありません。
私文書偽造の違反になりそうですがそこまでにはなりません。
問題はそれぞれの会社の対応でしょう。
大卒を募集しているのに高卒者が大卒と偽ったときは、採用を取り消される可能性があります。
同様に大学を他の大学に替えた時も取り消される可能性はあります。

Page Top