前へ
次へ

日本における法律の位置づけとサポート

法治国家である日本においては、法律に違反する行為を行うと、場合によってはその法律に定められた罰則を受けることになります。
一方で、法律は、その下にある政令や省令、条例など膨大な量になりますので、一般市民のほとんどはその内容どころか、その法律の存在そのものを知りません。
日常生活においてなじみが深い消費税は、消費税法によって定められていますが、一般市民は税率などについては新聞やニュースなどから情報を得ますが、法律そのものを見ることはほとんどありません。
法律は、その制定改廃が官報によって知らしめられますが、官報そのものを見たことがない、あるいは官報そのものの存在を知らない場合がほとんどです。
この意味において、一般市民の権利を制約する法律の内容を知らないのは重大な問題であると言えます。
このため、法律に関する知識に乏しい一般市民の権利を擁護するため、弁護士、裁判官、検察官のいわゆる法曹三者がサポートを行います。

Page Top